乾いた柔らかい布に専用クリームをつけて、
軽く拭き取るようにして汚れを落とします。
汚れを落としてから、専用クリームを塗ります。
革をしなやかにし、老化を防ぐとともに、光沢を与えます。
光沢を抑えたマット調仕上げ革には、マット専用クリームを使用します。


もともとは手袋や衣料用に使用されてきた
子山羊や子羊のような高級素材ですが、
最近ではカバン・ハンドバッグにもよく使われています。
繊細でソフトな風合が特徴ですが、反面水に弱く、
シミ・ムラになりやすく、手入れが難しい革です。
手入れでは、必ずソフト革専用のクリームを使用して下さい。


エナメル革は湿らせた布で拭くだけでも汚れは落ちますが、
それだけではエナメル独特の光沢が曇ってしまいます。
定期的にクリーナーで表面の汚れを落としましょう。
エナメルの光沢を引き立たせるために、
クリームの後に専用クリームで磨いて下さい。



スエード、ヌバック、ベロアなどの起毛革は、
ソフトな毛並みが特徴です。
スエード専用ブラシでも毛の間のホコリを落とします。
汚れは、専用の消しゴムや生ゴムタイプのクリーナーを使用。
強くこすると、毛がダメージを受けるので軽くこすります。
一般の革用クリーナーは使用できません。

乾いた布でホコリを落とします。
次に専用クリーナー兼クリームで磨きます。
ヘビ革には、ウロコが取れやすいので、クリーナーは使用しないで下さい。

独特のエイジング変化を楽しむヌメ革は、部分的に革が変化したりするため、
UVカット機能付きのヌメ革専用クリームで手入れして下さい。